事業計画

平成31年度 永平寺町社会福祉協議会 事業計画
                                          

重点課題

   地域包括ケアシステムの構築・整備

 ますます進行する超高齢・少子社会の中にあって、今後、高齢者ケアのニーズの増大、単独世帯の増大、認知症を有する人の増加が予想され、介護保険サービスや医療保険サービスのみならず、見守りなどの様々な生活支援や成年後見等の権利擁護、住居の保障、低所得者への支援などさまざまな支援が切れ目なく提供されることが必要となり、これらに対応すべく「地域包括ケアシステム」の構築の整備を本格的に図る。

   在宅福祉サービスの充実

 「高齢となり、たとえ障害を持ったとしても住み慣れたこの町で暮らしたい。」これは永平寺町民みんなの願いです。その願いをかなえられるよう支援を必要とする方々が永続的に在宅生活をおくれるよう適切な(必要な)サービス提供体制を構築する。そのために現存のサービスを拡充させるとともに積極的な新規事業の開拓にも乗り出し、福祉問題の発見から解決までの一貫したサービス提供を町内で行えるよう町の福祉力をアップさせる。

 

   効果的で効率的な自律した経営

 社協らしい活動(民間性を発揮した「すばやい対応」「柔軟な対応」「開拓精神に基づいた対応」)を展開するためには、自律した経営を行う必要がある。また、自律した経営を行うことによりサービスの安定した質の向上がはかれる。そのために貴重な自主財源である「会費」「寄付金」「介護報酬」「利用料」などの増収を図るとともに、「費用対効果」を重んじたコスト意識に根付いた事業を執行する。

 

   「高参加高福祉」型社会の実現に向けての取り組み

 地域住民一人ひとりが何らかの役割を持ち、お互いが助け合い・支え合う地域社会づくりを基本とした事業・活動展開をする。

 

   「個別支援」の徹底

 一人ひとりが“その人らしい”地域での生活を送れるよう、多種多様にわたる細かな生活課題・福祉ニーズ、個別ニードに対しても、使命感に基づき、柔軟に対応するとともに、徹底した解決姿勢を貫く。