トップページ > 永平寺町社協について > 一般事業主行動計画 

一般事業主行動計画

(福)永平寺町社会福祉協議会(以下「会社」という。)は従業員が仕事と子育てを両立させることができ、従業員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての従業員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間 2017年9月1日から2021年3月31日まで
2. 計画内容  
目標1 計画期間中に、男性の育児休業取得者が一人以上現れるようにする。
対策 (1) 2017年9月~2019年9月 会社内掲示板やポスターの活用、管理職の研修等を通じて、男性も育児休業を取得できること、パパママ育休の仕組み等について周知・啓発する。
(2) 期間中、育児休業対象の子を有する男性従業員に対し、育児休業の取得を促す相談会を行う。
(3) 2017年9月~出産予定日を迎える配偶者を有する男性従業員に個別に育児休業取得を働き掛ける。
 
目標2 育児や出産で退職した者を再雇用する制度を導入する。
対策 (1) 2017年9月~2018年1月 他社の事例などを収集し、従業員アンケート等で再雇用制度への要望を聴取する。
(2) 2018年2月~8月 検討委員会を設け、集取した情報を基に具体的な制度を決定する。
(3) 2018年1月 過去に育児や出産で退職した者に対して制度を知らせる。
 
目標3 所定外労働を削減するためノー残業デーの設定を行う。
対策 (1) 2017年10月~2018年1月 ノー残業デーの具体的な導入のタイミング、曜日、頻度を決定し、導入・周知を図る。
(2) 2018年1月~9月 ノー残業デーの実施状況を調査・確認し、実施状況に問題がある場合、検討し対策を講じる。
(3) 2018年7月~9月 講じた対策案をもとに、さらに効果的な内容へ反映させていく。
 
目標4 育児休業制度の充実を図る。
対策 (1) 育児休業期間中に原職に関する研修・セミナー等の情報提供を行い休業中での能力開発を目指す。
(2) 育児休業期間中も定期的に所属事業所より近況報告等の情報提供を行い、復帰しやすい環境を整える。