一般事業主行動計画

一般事業主行動計画

「次世代育成支援対策推進法」に基づく一般事業主行動計画

仕事と子育て、その他生活全般において調和のとれた、働きやすい職場環境を目指し、全ての従業員の能力を十分に発揮できるようにするため、次の計画を策定する。

1. 計画期間 2021年4月1日から2024年3月31日までの3年間
2. 計画内容  
目標1 年次有給休暇、その他休暇を取得しやすい環境を整える。
取り組み① 2021年4月~
‣年次有給休暇の年間計画表の様式を作成し、1年に6日以上の時季を指定した計画的な取得を徹底する。
‣既存の勤怠管理システムで年次有給休暇の計画の達成状況を管理し、未達成の場合は原因と問題点を特定し改善につなげる。
   
取り組み② 2022年4月~
‣特別有給休暇(夏季休暇)について、取得期間(7月から9月)を撤廃し、通年を通しての取得とするための規程変更を実施しする。
‣運用していくなかでの課題点を取りまとめ、次年度に向けた改善を図る。
 
目標2 女性従業員、男性従業員ともに育児に参加しやすい環境を整える。
取り組み① 2021年4月~
‣休暇制度や社内制度における福利厚生内容を社内インフラネットに掲載し、利用できる制度の周知、啓発を推進する。
 
取り組み② 2022年4月~
‣男性従業員:計画期間内に1人以上の育児休業取得を目指す。
‣女性従業員:計画期間内の育児休業取得率で75%以上を目指す。
‣育児休業取得の進まない男性従業員に対して、育児休業よりも取得しやすい育児休暇制度の説明あるいは、短期間の育児休業を取得しやすい労働環境の整備を行う
 
 
仕事と子育ての両立を図るための行動計画公表ページはこちら


 

「 女性活躍推進法」に基づく一般事業主行動計画

 女性が就業を継続し、活躍できる雇用環境の整備を行うため、次の計画を作成する。

1. 計画期間  2021年4月1日から2024年3月31日までの3年間 
2.  本会の課題 在籍する従業員の男女比率では女性従業員が男性従業員の3倍以上であるなか、管理職を目指そうと考える女性従業員が男性従業員と比較して少ない。また、女性従業員の正規職員の割合が男性従業員のそれに比べて低いという課題がある。 
3. 計画内容   
  目標1 係長級・主任級の職階の女性従業員の割合を45%から53%にする。
  取り組み① 2021年4月~
    業務に必要な知識、技術を獲得するための研修の受講促進と、資格取得の際の社内褒賞金制度について周知徹底を図る。
  取り組み②  2022年4月~
    女性管理職と女性従業員との交流会にてキャリアアップの動機付けや、キャリアカウンセリング、メンター支援等の個別支援体制を構築する。
     
  目標2 女性従業員の正規職員の割合を38%から45%にする。
  取り組み① 2021年4月~
    職業生活と家庭生活との両立を支援するための制度を周知徹底するとともに、多様な働き方についての意見を徴収する。
  取り組み② 2022年4月~
    非正規職員を対象としたキャリアアップに向けた集合研修を開催し、併せて正規職員勤怠処遇に関する説明会と相談会を実施する。
      
「女性活躍推進企業データベース」での公表ページはこちら                                        
Copyright © 2020 Eiheiji-cho Shakyo All Rights Reserved.